不安障害

似ている病気

不安障害

HOME > 似ている病気 > 不安障害

目次へ >>

パニック障害と不安障害との違い

もともとは、パニック障害も不安障害も「不安神経症」と呼ばれるひとつの病気でした。その不安神経症を、1980年、米国精神医学会の診断基準によって、パニック障害と不安障害の2つに分類したのです。

不安障害とパニック障害

現在では、心の病(精神疾患)のひとつに「不安障害」があり、その「不安障害」の中に「パニック障害」がある、という位置づけで考えられています。

パニック障害と不安障害との区別がよくわからない人は多いのではないでしょうか。そこで、この2つの違いについてお伝えします。

4つ以上の症状が合致するとパニック障害と診断される

パニック障害は、そのガイドラインとなる13の症状のうち、4つ以上当てはまっていることが条件になります。

ガイドラインとなっている13の症状はこちら。

  • 動悸がする
  • 胸が痛い
  • 息苦しく、呼吸がしづらい
  • 汗が異常に出る
  • 震える
  • 窒息するような感じがする
  • めまいがしたり、ふらついてしまったりする
  • お腹のあたりが不快な感じがする
  • 現実にいるような感覚がなく、夢を見ているような感覚になる
  • 気が狂ってしまうのではと思うくらい、自分の気持ちのコントロールが不可能になる
  • 死に対する恐怖が強い
  • しびれるような感覚がする
  • 異常に熱いと感じたり冷たいと感じたりする

これらの症状の中で、どれか4つ以上に当てはまると、パニック障害として診断されることになります。

では、4つ未満の場合はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

4つ未満の場合は?

このガイドラインとなる項目のうち、当てはまった項目が4つ未満の場合は、「全般性不安障害」 として診断されることになります。

わかりやすく言うと「パニック障害に近いですが、パニック障害とまではいきません。」という状態ですね。

全般性不安障害の場合は、言いようのない不安が常につきまとっている状態。いらだたしい気持ちや動悸・めまいが毎日のように連続して起こります。ただ、パニック障害の場合に起こるような強い発作はほとんどありません

ちなみにこの全般性不安障害。アメリカでは人生のうちに全般性不安障害にかかる人の割合は5.1%と言われています。要するに、20人のうち1人は、一生の間に一度以上、この病気にかかっているということです。

日本においては調査がおこなわれていないので、数値で示すことはできませんが、かなりの割合でかかっている(もしくは、かかっていた)人がいるのでは、と言われています。

とはいえまだまだ馴染みのない病気。体の不調だろうと思って精神科や心療内科ではなく内科を受診する人が多いのが現状です。

全般性不安障害ではない場合も

注意していただきたいのが、パニック障害の症状として挙げられる上記の13の症状のうち、当てはまる項目が4つ未満の人すべてが全般的不安障害だというわけではない、ということです。

うつ病の時も上記のような症状が出ることもあります。ですので、「4つ未満だったから、私は全般性不安障害なのね」と自分で勝手に判断するのではなく、病院で問診などによる診断を受けて判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

パニック障害を改善する生活

▼関連記事