薬物療法

治療

薬物療法

HOME > 治療 > 薬物療法

目次へ >>

パニック障害の薬物療法

パニック障害の治療は、「薬物療法」と「精神療法(認知行動療法など)」の二本柱でおこなわれるのが一般的。

薬物療法で 「抗うつ薬」「抗不安薬」 の2種類が使われるのがおもな進め方です。

症状や改善の状態によって、飲む量や薬の種類や組み合わせを調整しながら、治療を進めていくことが多いようです。

薬物療法精神療法

薬物療法だけでなく、ほかの療法と組み合わせて治療をすすめる

パニック障害では、薬物療法だけで治療を進めることは少なく、精神療法などと組み合わせておこなわるのが一般的です。

また薬については、症状のつらい時期である最初の1ヶ月の間で特につらい時には抗不安薬を飲む。1ヶ月ほどたってからは抗不安薬を飲むのをやめて、抗うつ薬だけを飲むように切りかえる。といった形で進めていくなど、状況に応じて調整しながら進めていくものでしょう。

くれぐれも、医師の指示にしたがって進めるようにしてください。

▼関連記事