音楽

生活習慣

音楽

HOME > 生活習慣 > 音楽

目次へ >>

パニック障害の改善に効果的な音楽とは?

不安感との戦いとなるパニック障害。心が安まる時がない、と感じている人は多いと思います。そんな人におすすめなのが『音楽を聴く』ということ。音楽を聴くことで、不安感がやわらいだり、心に余裕が生まれる効果があります。

そこで、パニック障害の改善にはどんな音楽が効果的なのか、についてご紹介します。ご参考になればうれしいです。

どんなジャンルの音楽が効果的?

一般的には 『癒し』 を感じることができる音楽が効果があると言われています。ただ、人によって何に 『癒し』 を感じるかは違いますので、「このジャンルが一番効果的!」ということは言えません。

クラシックでリラックスする人もいれば、落ち着いたジャズに心地よくなる人もいるでしょう。ですので、自分が聴いていてもっとも癒されるものが効果的です。

『癒される音楽』だけでなく、『気分が高揚する音楽』、『元気になる音楽』 もおすすめ。

パニック障害を患っていると、気持ちがふさいでしまうことも多いでしょう。考え事ばかりして不安になったり、自分は価値がないように思えて落ち込んでしまったり。

そんな時は『元気になる音楽』が気分を明るくしてくれます。これももちろん人によってさまざま。ご自身にとって 「この曲を聴くと元気になる」、「勇気をもらえる」 と感じる音楽を聴きましょう。

もちろん「無理して聴く」ことはありません。「ちょっと聴いてみようかな」と思った時に聴くのが一番ではないでしょうか。

では、一般的に癒される音楽としての代表をご紹介します

スポンサーリンク

おすすめジャンル

ヒーリング音楽

ピアノ、ギター、クリスタルボウルなどの楽器を使っているものが多いですね。歌をうたっているものは少ないですが、声を楽器のようにしてメロディをうたっているものもあります。

どれもやさしく心地よい音楽で、激しい曲調のものはほとんどありません。

オルゴール

オルゴールも「ヒーリング音楽」のひとつ。曲自体がヒーリング音楽でなくても、オルゴールで演奏されているだけでも癒される気分になる、ということが多いのではないでしょうか?

オルゴールには頭のなかの流れをよくしてくれたり、体のバランスを整えてくれるはたらきが期待できると考えられても。オルゴール音楽の種類もたくさんありますので、自分が好きなアーティストのオルゴール曲を聴くのも良いでしょう。

サブリミナル

人間には聞き取れない域に録音されているメッセージを聴くことで、メッセージの内容が無意識下にはたらきます。

『私の心は凪いだ海のように穏やかだ』 というメッセージが収録されているとすると、そのメッセージが無意識のうちに心に根ざす、というものです。

サブリミナルは悩み別にメッセージ内容が違いますので、パニック障害を克服したいと思っている人は、『不安解消』、『精神安定』 などのメッセージ内容が収録されているものを選ぶと良いかもしれません。

テンポが良い音楽

ポップス、ロック、ジャズなど、自分自身が聴いていて 「テンポが良い」 と感じる音楽を聴くと元気な気分になりますよね。聴いていて「楽しい、心地いい」という気持ちが起こるものを選んでみてください。

ただ、気持ちが高ぶって自制できない状態や興奮状態にあるときにテンポが良い音楽を聴くと逆効果になることも。ご注意ください。

自然音

自然の音も癒し効果がとても高いもの。波の音、鳥のさえずり、清流のせせらぎなど、聴いているだけで心地よくなります。森林浴が気持ちいいのは、空気や日差しだけでなく、自然の音による効果もあるのでしょう。

また、自然の音には脳に心地よくはたらきかける 「高周波」 がたっぷり。耳に聴こえる高周波もあれば聴こえない高周波もありますが、どちらも体に脳にはたらきかけてくれます。

自然音

自然音CDを聴くのも手軽な方法。自然音だけのものもあれば、音楽と一緒になっているものもあります。

ただし安価なものには、雑音を取り除いたり、いいところだけをつなぎあわせたり、といった加工によって不自然になっているものも多く、効果は期待できません。

まるでその場にいるかのように聴こえる自然音CD、ありのままの自然音を収録して、加工をしていない自然音CDを選びましょう。

緑の多い公園があるのなら、そこへ出かけるのもいいですね。生の鳥のさえずりや風になびく木々の葉の音にも癒されますし、遊んでいる子供の声も元気をあたえてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

▼関連記事